ニュース記事

電力需給逼迫の見通し、夏と冬 経産省が対策へ:日本経済新聞(5/14)

今年の夏と冬に電気が逼迫する!!

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA146HK0U1A510C2000000/

 

こうした私たちの暮らしを脅かす電力事情をプラスに陽転できるスマートハウスが皆さんが供給しています「Smart2030零和の家」です。

2019年に世に出た時は、「まだ早い。」と言われたビルダー経営者もウッドショックを受けても価格を吊り上げることができずに利益圧縮と言う危険な経営を続けているビルダーが多くいます。

 

「集客する」のではなく「選客する」のです。この家を購入されたい方々に私たちはたくさんお逢いしてきました。欲しいのに世帯所得が足りずに諦めた方々を何組も見てきました。

 

「価格」ありきより「暮らし方」ありきです。世の中で売られているすべての家電は「エコーネットライト規格」でインターネットにつながることで更に利便性を高めています。

 

ヤマダホームズは、家具・カーテン・家電一式を住宅価格に入れています。
今回は基本を見直して、他決することのない「Smart2030」の魅力に深入りします。

 

ウッドショックと言うビルダー全体が抱えているこの時期だからこそ、着工残を増やし、来るべく「業界の大潮流」という大渦巻に呑み込まれない未来永劫の価値を押し進めてください。

一覧ページへ戻る