ニュース記事

セキスイハイム、換気やウイルス対策など進化させた住宅発売:新建ハウジング(7/13)

積水化学工業(大阪市)はセキスイハイム誕生50周年記念商品として、ニューノーマル対応を強化した「レジリエンス100 STAY&WORKモデルTS(ティーエス)」を7月24日から全国で発売する。2020年7月に発売した「レジリエンス100 STAY&WORKモデル」のステイスタイル、マルチテレワークをベースに、空気環境、建材、暮らし方の3つをさらに進化させ、ニューノーマルに欠かせない室内環境を目指した。

空気環境については6月に開発した抗ウイルス対応フィルターを採用した全室空調システム「快適エアリー T-SAS(ティーサス)」を標準搭載。建材は直接触れる機会の多い室内建具のハンドルや引手、フローリングに抗ウイルス加工建材を標準採用した。

受験勉強や自宅療養スペース確保の観点から居室用換気扇と個別空調を設置した居室空間「STAYピット」も新提案。居室用換気扇が停止している通常時は他の部屋からの空気の流入を抑えられ受験前の勉強スペースなどには特に有効だとする。逆に居室用換気扇を運転すると、「STAYピット」内の空気が直接屋外へ排出され、緊急時の自宅療養室として使用できる。

販売価格は3.3㎡あたり85万円台から。

「レジリエンス100 STAY&WORKモデルTS」外観イメージ 

一覧ページへ戻る