塾長メッセージ

家のレジリエンス性能

Smart2030零和の家®が国内に波及されて数多くのスマートハウスを利用している家庭が増えた。

住みごごちの満足度は「紹介」と言う形で証明されています。簡単に「紹介」と言えど紹介する方にもリスクが発生する。まして高額な商品であるがゆえに。

満足を感じるのはレジリエンス性能である。予期せぬ事象があった時にこの家でよかったと改めて感じてもらえる未来の満足度である。

「長雨情報」が発表されるとこのスマートハウスは「AI」が予期せぬ停電に備えて蓄電池から、EV車からの給電をやめて不測の事態に備える。暴風が近づけば文化シャッターの外付けブラインドを外出先から下ろし、ガラスの損傷を防ぐこともできる。
まして停電しない家だからご近所で停電で苦しむ家庭に「電気」「お水」の供給もできる。

すべての住宅設備、家電を選択する時に「エコーネットライト規格」が条件です。
電波を発する製品をHEMSが読み取り制御する。いまだにHEMSの開発には余念がない。

生涯未完成である。電化製品を創る技術者の熱い想いをこの家は認め、感謝してその恩恵を更に有効利用できる機能へと革新する。
スマートハウスは一次エネルギーの削減力とエネルギーを家自身が創る両面の機能で成立する。

間取り、外観、設備などどれをとっても理由があります。なぜその設備を採用したか。
そこには重要な理由があるのです。

その理由を上越中央展示場でお伝えしています。

ご興味のある方は、是非一度ご見学におこしください。

お申し込みはこちらから

https://sea-consulting.co.jp/20210511-2/

一覧ページへ戻る