塾長メッセージ

2022年、住宅にもドローン宅配が開始 楽天やANAが参入 来年にも、無人飛行可能に

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO75150330W1A820C2TEC000/

いよいよ2022年住宅にもドローン宅配が開始される。

何をかくそう、私の義息子は大手Y社の宅配マンです。
コロナ禍でその業務は激務です。最近特に帰宅時間も遅いですね。
ドローン宅配を受けるには、住宅側の受け取る環境が重要です。

①配達後の盗難防止
②配達後の雨仕舞い

①に関しては、絶対に2階バルコニーが条件です。
②に関しては、某社と配達大型ボックスの屋根がスマフォで閉まる設備を開発中です。

既にSmart2030零和の家®では、ガレージ上のスカイバルコニーをドローンポートとして利用できるようにスペースを拡大してきました。

 

こうした未来のサービスを享受できる、創造がさらにスマートハウスを革新させています。

運輸省が想定しています「レベル4」という自動で空輸されて着陸して置き配達を実装する。
無人がゆえに、宅配料が商品代金からさらに値引きされる。など、未来を見据えた家づくりはワクワクします。

あなたの街で「Smart2030零和の家®」を始めませんか?

<Smart2030零和の家とは>

https://sea-consulting.co.jp/smart2030/

<上越中央モデル展示場 見学予約はこちら>

https://sea-consulting.co.jp/20210511-2/

一覧ページへ戻る